ニュース

2019.03.04

NEWS

reach

棚前行動分析「Reach」の名称を「Mopreach(モプリーチ)」に変更しました

棚前行動分析「Reach」の名称を「Mopreach(モプリーチ)」に変更しました

棚前行動分析「Reach」の名称を「Mopreach(モプリーチ)」へと変更いたします。また、月額利用体系での販売を2019年3月4日(月)より開始いたします。

Mopreach概要

■棚前行動分析Mopreach(旧称Reach)について

Mopreach(旧称Reach)は、タグや専用什器を使用せずにセンサーなどで棚前の行動を取得・分析するソフトウェアとして2017年にリリースいたしました。棚前エリアのみではなく店舗全体の動線を取得・分析する動線分析Moptar(モプター)の関連製品として、単体またはMoptarのオプションとして販売を行っております。

棚上に取り付けた3Dセンサー、2Dセンサーなどで人の位置や動作を、高精度に取得・追跡することで、棚前の通行人数、滞留人数、手を伸ばした人数、手を伸ばした箇所などを定量化します。各指標の転換率を時間帯や他の棚と比較することで、売上のボトルネックを見える化します。

また、オプションとしてMicrosoft AzureのFace APIと連携して、年齢・性別のデータを取得し、棚前行動と紐づけて分析することも可能です。

従来の買い切りの利用方法だけではなく、棚1エリアあたり4万円/月でご利用いただけます。
※棚1エリアは1センサーで照射可能な範囲です。設置条件によって異なります。