ニュース

2018.09.04

NEWS

aimstar

【導入事例】ファミリア様がAimstarを導入いたしました

【導入事例】ファミリア様がAimstarを導入いたしました

スプリームシステム株式会社(所在地:東京都豊島区、代表取締役:佐久間卓哉)は、株式会社ファミリア(所在地:神戸市中央区、代表取締役社長:岡崎忠彦)にマーケティングオートメーション(以下、MA)「Aimstar(エイムスター)」とメール配信システム「Cuenote FC(キューノートFC)」を導入いたしました。

ファミリアは、ベビー子ども服を中心としたアパレルメーカーで、2018年9月8日にオープンする「ファミリア神戸本店」を含む複数の店舗とオンラインショップでの販売を行っています。

今回のMA導入では、店舗とEC両方のデータを活用し「顧客行動連動型」の施策と、子どもの成長に合わせ「需要喚起型」の施策を中心としたさまざまなシナリオを行うことで、お客様との関係を深めていき、顧客満足度の向上を目指していきます。

顧客行動連動型の施策では、サイト閲覧、カート投入、メール開封、来店購入などをトリガーに、お客様の興味の強さ・タイミングに応じたレコメンドを実施します。おすすめ商品を掲載するだけではなく使い方・選び方なども記載することで関係性を深めていきます。

需要喚起型の施策では、子どもの月齢に合わせたタイミングと内容で、おススメの商品や同年代に人気の商品などをレコメンドしていきます。
また、目先の売上だけを追うのではなく、商品の選び方や使い方、お手入れ方法など、お子様の成長に合わせて有益な情報をお伝えすることで、ずっとご愛顧いただけるような関係構築のシナリオにも力を入れています。

また、9月にオープンする「ファミリア神戸本店」では、アトリエやキッズラボ、レストラン、クリニックも併設されており、これらのサービスを利用したお客様にも、店舗での購入や他のサービスの利用を促すオムニチャネル施策も強化していく予定です。

ファミリア様事例
これらの施策を実現するうえで、豊富なBtoC向けテンプレートを持ち複雑なシナリオも実現できること、ユーザー自身で施策の実施が可能なこと、オムニチャネルでデータおよび施策の管理ができること、を評価していただきAimstarの採用が決定いたしました。

データの統合、分析、シナリオの作成、メールコンテンツ作成、スケジュール設定はAimstarで実施し、メール配信システムとして月間42億通の配信実績を誇るユミルリンク株式会社のCuenote FCにデータを連携し配信を行います。メールの開封率やクリック率などはCuenote FCからAimstarに取り込み、効果検証やシナリオキャンペーンのトリガー条件に利用しています。

■BtoCマーケティングオートメーションAimstar(エイムスター)について
Aimstarは「どの顧客に」「どのタイミングで」「どの商品を」「どのチャネルで」アプローチするかを最適化するOne to Oneキャンペーン管理ツールです。
企業がもつ様々なデータを統合し、売上向上に特化したテンプレートをベースにした自由な非定型分析・機械学習・抽出機能によるキャンペーン作成を行います。キャンペーンの実施や反応履歴をトリガーにしたシナリオキャンペーンや、ABテスト、One to Oneレコメンドなどさまざまな要望に対応したMA基盤です。
日本の市場特性にフィットしたマーケティングオートメーションツールとして、大手通販、ECサイトを中心に、旅行、クレジットなどにご導入をいただいております。
製品URL:https://www.supreme-system.com/product/aimstar/

■『Cuenote FC』について
ユミルリンク株式会社が開発・提供するCuenote FCは、並行処理指向言語「Erlang」で開発したMTAと15年以上のノウハウにより、700万通以上/時の一斉メール配信速度を実現し、月間のメール配信数42億通の実績を誇るメール配信システムです。
スマートフォンやフィーチャーフォンにも高速で確実に届く配信性能を特長とし、国内大手ECサイトなど、1,300社以上で利用されています。
製品URL:https://www.cuenote.jp/fc/