ニュース

2017.10.02

NEWS

moptar

Moptar Ver.2.3をリリースいたしました

Moptar Ver.2.3をリリースいたしました

動線分析「Moptar Ver.2.3」をリリースいたしました。

今回のバージョンアップでは、今回のバージョンアップでは、価格改定(値下げ)、デジタルサイネージ連携によるOne to One店内広告、MAと連携したOne to Oneプロモーション、機械学習コンサルティングサービスを変更・追加し、また製造業にも対応いたしました。

1.価格改定(値下げ)

Moptarは、動線取得対象面積に応じたライセンス販売および月額レンタルサービスを行っております。今回大幅な価格改定(値下げ)を行いました。100平米までの場合、ライセンス販売で100万円、レンタルサービスで、ライセンス利用料金は月額1,200円/㎡からご利用いただけます。

2.デジタルサイネージ連携によるOne to One店内広告

顧客の売場立寄りや商品棚前行動から、顧客ごとに商品への興味関心度を取得し、その商品と相関性のあるレコメンド商品をデジタルサイネージで広告します。リアルタイムに通行の少ない売場や、立寄り率が少ない売場への回遊を促すコンテンツを表示することもできます。サイネージ閲覧後のその顧客の立寄り率や購入率から広告効果分析にも利用できます。

3.MAと連携したOne to Oneプロモーション

取得した動線などの情報から、マーケティングオートメーションツールAimstarに連携して、分析および様々なチャネルでのキャンペーンを実施することができます。
動線情報に基づいたレコメンドを、メールやアプリ、LINEなどを通じて行ったり、ECなどでの過去の購買データをもとにしたレコメンドを行ったりすることが可能です。
※LINE機能のご利用には、別途LINE株式会社との契約が必要です。

4.機械学習コンサルティングサービス

動線データと、その他データ(店舗入り口面積など店舗属性、POP位置など)、POSデータを紐づけ、POSデータを構成する様々な関係を機械学習し、モデルを作成するサービスを行います。入店率、各売場立寄率、各売り場購入率、顧客単価などの店舗の重要なKPIに影響を与えている因子(顧客動線、店舗レイアウト、POP、従業員接客、デジタルサイネージなどの詳細な項目)をスコアのランキング形式で見える化し、仮説を検出します。そして、成功率の高い店舗レイアウト(POP、商品陳列を含む)や店員接客シナリオを作成します。

5.製造業に対応

小売業、レジャー施設、イベント会場などへの導入を行っておりましたが、製造業(工場など)からの要望が多く、製造業向けの機能を強化いたしました。作業工程の判定と時間計測、各作業工程内の人・物の動線分析から無駄の検出、立ち入り禁止区域への立ち入りなどのヒヤリハットの発見、などにご活用いただけます。