2020.12 NEW VERSION RELEASE

資料請求

BtoC向けMAツールAimstarは2020年12月
にVer.9をリリースいたしました

Aimstarは分析からOne to One アプローチまでまとめてサポートします

導入企業一例

  • SHOP CHANNEL
  • BUYMA
  • dマーケット
  • 集英社
  • 世田谷自然食品
  • アプラス
  • ベルーナ
  • YAMADA
  • music.jp
  • ダイレクトテレショップ
  • familiar
  • シモジマ

Version9 新機能

プログラムなしでデータ連携
ノーコードBI

オンラインデータとオフラインデータを連携するOMO機能強化

プログラミングコード不要で、Aimstarの様々なデータからデータセットや新たな分析画面を作れるようになりました。標準機能にはない分析機能をユーザー自身で追加したり、他のBIツールのデータセットとして利用することで負荷軽減につながります。Aimstarの集計結果をそのままデータセットとして保存することもできるので、スピードアップ、高度な分析も可能になります。

オンラインデータとオフラインデータを連携するOMO機能強化
インタラクティブなダッシュボード

インタラクティブなダッシュボード

インタラクティブなダッシュボード

Aimstar内の様々なデータを、Amazon QuickSightを利用して誰もが分かりやすいビジュアルで可視化できるようになりました。インメモリDBのSPICEでスピーディーな操作が可能です。

※Amazon QuickSightは、AWSが提供するサービスです。

オンラインデータとオフライン
データを連携するOMO機能強化

オンラインデータとオフラインデータを連携するOMO機能強化

オンライン上の興味データだけではなく、オフライン(店舗)での動線、棚前での行動からわかる興味データを活用し、オン・オフ一気通貫のアプローチを実現します。新商品のワンピースをチェックしているお客様に、帰宅後やプライスダウンしたタイミングでお知らせしたりすることができます。動線はMoptarで取得するデータを連携します。

オンラインデータとオフラインデータを連携するOMO機能強化
アプリでもOnetoOneの接客ができるようになります

アプリでもOnetoOneの接客ができるようになります

アプリでもOnetoOneの接客ができるようになります

Aimstarとシームレスに連携しているWeb接客「Webica」では、アプリ上でもWebと同様に、バナーやレコメンドを行なえるようになりました。

※記載されているロゴ、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。

Aimstarロゴ

Aimstarは、多くの実績に基づいた効果の高いキャンペーンを実施するための
分析テンプレートを標準装備しております。
BtoCマーケティングオートメーションをご検討の場合は、是非一度デモをご覧ください。