情報セキュリティ
基本方針

スプリームシステム株式会社(以下、「当社」)は、データベースマーケティングソリューション「Aimstar」/ 顧客動線分析ソリューションMoptar(旧称Platz)等を用いた情報システムソリューション/コンサルティングサービスを通じて、社会へ貢献させていただいております。
また、その事業を行うため、上述のソリューションパッケージを構成するソフトウェアや事業を推進するための各種資料、さらにお客様とのお付き合いで知りえた業務内容や個人情報、そして役員や従業員の個人情報など企業活動上の不可欠な情報を情報資産として活用しております。
このため、当社にとって情報資産を維持、管理していくことは、事業の基盤をなす非常に重要な活動だと認識しています。
よって、情報資産にセキュリティ上の不安を生じさせないように努めることは、お客様や役員、従業員はもとより、社会的責務でもあると考え、ここに情報セキュリティ基本方針を策定し、情報資産の保護に取り組み、推進していくことを表明いたします。

1.情報セキュリティの目標
情報資産の機密性、完全性、可用性を維持することを情報セキュリティ活動の目標とします。当社が情報資産を持つ限り、この活動は継続します。
2.情報セキュリティ管理体制の整備と情報セキュリティリテラシーの向上
上記の目標を達するため、情報セキュリティに関する管理体制および規定を整備します。また、体制と規定が有効に機能するように全役員、全従業員に教育を実施して情報セキュリティに関する知識と意識の向上に努めます。
3.情報セキュリティの適用範囲
当社の管理下にある、全ての情報資産を情報セキュリティの対象とします。
4.情報セキュリティインシデント
情報資産の漏洩や不正な利用がなされた場合、もしくはそれが予見された場合、情報セキュリティインシデントとして、速やかに対応します。
5.情報セキュリティに関する法令順守
情報セキュリティに関する法令、各種ガイドラインならびに契約を順守します。

2009年11月1日
スプリームシステム株式会社
代表取締役 佐久間卓哉