“デジタルもリアルも“
データマーケティングで社会を変える

エントリー

インタビュー

青木 歩人
青木 歩人 2013年入社 新卒採用
Aimstarの導入、プロジェクトリーダーなどを担当
2019年よりOMO事業部 副部長 アプリケーション開発グループ長
※インタビュー当時の職務内容です
決め手

未経験からの挑戦

大学では物理を専攻しており、プログラミングやマーケティングを専門としてわけではありませんでしたが、IT業界でキャリアを積んでいきたいという思いから就職活動を行いました。最終的に数社から内定をいただきましたが、スプリームシステムでは当時面接を担当していた佐久間(代表取締役)から自社製品への思いやこれからの成長戦略などを直接聞くことができ、そうした熱いオファーや優れた自社製品を有している点に魅力を感じ入社を決めました。

キャリア

プリセールス・導入・定着化まで一通り経験

Aimstarチームに配属されたので、入社直後はAimstarについて学ぶ日々でした。その後はAimstar導入プロジェクトにアサインされ、製品のコンフィグレーション(設定)やシステム設定などを、先輩の指導のもと実地研修スタイルで覚えていきました。Aimstarについてはもちろん、マーケティングに関する知識やシステムエンジニアリングスキルも一から学ぶ必要があり、毎日があっという間に過ぎる忙しさでしたが、初めて無事導入が完了した時の喜びや達成感は今でもよく覚えています。

初めはSEとしてのタスクが中心でしたが、その後のプロジェクトでは、導入後の定着化支援を担当し、実際のユーザーであるお客様と直接話しながらトレーニングや改善提案を進めることで、マーケティング業務の理解を深めることができました。また別の案件では、お客様と業務上の課題について議論しながら要件をシステムに落とし込むような開発や、プリセールスとして提案段階での重要なデモや最終プレゼンを担当するなど、システムと業務の両面で知識やスキルの幅を広げることができました。元々人前で話すことには少々苦手意識がありましたが、様々な経験のおかげでそうした役割にも徐々に慣れることができ、今では大型案件のプロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体をリードすることも多くなりました。

現在の仕事

お客様のやりたいことをシステムで実現していく

OMO事業部の中で、Aimstarの導入や改修を主に担っています。だいたいは何らかの導入プロジェクトに携わっており、各プロジェクトをリードする一方で、アプリケーション開発グループとして、Aimstar製品自体への機能追加や改善も日々行っています。プロジェクトでは、お客様の業務を理解し、真に「やりたいこと」を「システム」で実現していくプロセスが一番大変ながらもやりがいがあり、楽しいところです。
新卒入社してから7年目で、OMO事業部副部長とアプリケーション開発グループ長を任されるようになりました。役割に対して十分なパフォーマンスを発揮できているか、まだまだ手探りでプレッシャーを感じることもありますが、Aimstarをはじめとする製品が更にお客様の役に立つ存在になるよう、日々改善に取り組んでいます。このように、会社からはチャレンジした結果として年齢に関係なく役割を与えてもらえるので、非常にやりがいのある環境だと思います。

好きなところ

挑戦できる。会社も答えてくれる。でもおっとりしてる

やりたいと手を挙げればチャンスが与えられるところが、スプリームシステムの良いところだと思います。また、グループ自体は分かれていますがワンフロアでの横のつながりが強く、皆で協力して課題にチャレンジしていく風土が入社当時から現在まで続いているように思います。2020年以降はコロナ禍の影響で在宅勤務も多くなっていますが、プロジェクト管理ツールやチャットツールでこまめにやりとりを行い、チーム一体でプロジェクトを回しています。
チャレンジャブルな会社ではありますが、在席メンバーの傾向として、いわゆる”ベンチャー企業”でよくイメージするような「イケイケな感じ」ではなく、おっとりとしたキャラクターの方が多いですね(笑)。かといって自分の世界に浸る感じでもなく、馴れ合いでもなく、適度にプライベートを尊重し合う距離感も私にはちょうどいいです。

仕事の目標

新しい技術は自分から追いかける

個人的な目標としては、Aimstarに搭載されている機械学習(AI)をさらに習得していきたいです。新しい技術については、自ら追いかけていきたいと思います。

組織としては、メンバーの業務効率化や、より楽しく仕事をしていけるような環境整備を実現も目指しています。無駄な作業や、つまらない作業を減らすためにどうしたらいいか、マネジメントとしてもまだまだ学び改善すべきことは多いですが、引き続きチャレンジしていきます。

メッセージ

ユーザーのやりたいことを実現するためにどうしたらいいのか?をユーザーと一緒になって真剣に考えられる人はスプリームシステムに合っていると思います。私個人はいろんな業務を幅広く経験したいジェネラリストタイプですが、システムエンジニアリング、ソフトウェア開発、業務コンサルティングなど特定の技術に強みを持ち、その領域を突き詰めていくスペシャリストタイプのメンバーも多くいます。どちらのタイプでも、課題解決のために真剣に考え、よりよいものを作ろうとするマインドは共通していて、そのような方であればすぐに会社にフィットできると思います。
ベンチャー企業として高い志を持ち邁進していますが、前述の通りキャラクター的にはおっとりした優しい人たちが多いので、そうした社風に魅力を感じる方、是非お待ちしております。