“デジタルもリアルも“
データマーケティングで社会を変える

エントリー

インタビュー

森田 啓彦
森田 啓彦 2017年入社 新卒採用
Moptarの導入作業を担当
2019年よりOMO事業部 位置ソリューショングループ長
※インタビュー当時の職務内容です
決め手

若手でも結果を出せば評価される事例

大学ではIT系の専攻ではありませんが、就職活動ではIT業界に絞っていました。ただ細かい業態は決めずにいろいろ見ていく中で、直接ユーザーと関われる会社/職種がいいと思うようになっていきました。スプリームシステムは自社製品があり、ユーザーと直接かかわれること、そして機械学習や動線追跡といったチャレンジングな取り組みをしていることに惹かれました。実際に同じように新卒から数年でグループ責任者になった例など、頑張れば頑張った分だけ評価してもらえる土壌が実際に整っていることも決め手です。

キャリア

「動線」という他にない領域での手探りの日々

動線追跡の技術がまだ一般的ではないので、お客様も「何ができるのか?何をすべきなのか?」が明確ではなく手探りで進めることも多いです。センサーやカメラなどデバイスの知識も必要で学ぶことが尽きません。ただ、他にはない技術ではあるので、今まで見ることができなかった「動線データ」をユーザーに見せることができ、喜んでいただけたときは達成感があります。

現在の仕事

現場導入からプロダクト企画まで

今は、主にMoptarの導入案件とプロダクト企画を行っています。Moptarは、小売店やイベント会場や工場などさまざまな場所に導入します。この前は畜産農家への導入もありました。日本各地はもちろん、海外への導入案件もあります。
導入前にユーザーのやりたいことをMoptarでどう実現するか一緒に検討して、実際に現地に行ってセンサーやカメラを設置して、動線を蓄積して分析して…ととても「手触り感」のある仕事だと思います。機械的にこなしていくのではなく、自分たちで作っている、課題を乗り越えていると日々感じられるのはやりがいです。
マネジメントは、まだ任されたばかりですが、「頑張った分だけ評価される」を実感できているので、チームメンバーのお手本になれるように一緒にMoptarを頑張っていきたいです。

好きなところ

受け身では何も起きないけど、動くと助けてくれるしチャンスもくる

人の好さでしょうか。困っていると真剣に助けてくれます。
また、入社の決め手でもあった「チャレンジできる雰囲気」も実際に働いてみて実感しています。ポジションへのチャレンジという意味もありますが、仕事内容へのチャレンジができるのが大きいです。例えば、Aimstarの方で成功している機械学習を、Moptarの分析の方でも取り入れたいので勉強したい、挑戦したいと言えば任せてもらえます。

仕事の目標

来店客動線以外への応用で、もっと広く貢献したい

動線追跡Moptarは、まだまだこれから伸びていく製品だと思ってます。従来のターゲットである、小売店での来店客の動線追跡だけではなく、工場の作業員であったり、最近ではモノの動きを取る案件も増えてきました。今後も参入していける分野や活用方法がまだまだあると思っています。Moptarを通じて、各業界で今まで解決できなかったことに貢献していきたいです。 一エンジニアとしても、新しいスキルはこれからも取り入れて力をつけていきたいと思います。

メッセージ

チャレンジしたいと思っている人には向いている会社です。特に私のいるMoptarチーム(位置ソリューショングループ)は、トライアンドエラーで技術向上心のあるメンバーが多いです。システム導入、ソフトウェア開発、データを使ったコンサルティングの分野で、熱意ある人と働きたい方をぜひお待ちしています。