moptar モプター 顧客動線分析ソリューション!

Moptarの特徴

Moptarの特徴4つ

moptar モプター 1 顧客の興味を可視化 2 POSデータと連携した行動 3 購買分析 興味から販促への連携

見えないものが、見えるようになった衝撃だけで終わりません

見えないものが、見えるようになった衝撃だけで終わりません。

従来ブラックボックスになっていたKPIの可視化

  • ・これまでブラックボックス化していた入店 → 通路 → 売場 → 立寄 → 購入までの行動プロセスをブレークダウンします。下記の指標のうち悪い値が判明すれば、対策すべき対象が明らかになります。
  • ・入店客数、各通路の通行数、各売場の通行数、立寄客数、滞留客数、通過客数、立寄客購入率、滞留客購入率、 通過客購入率を見える化します。
  • ・これらのデータを、他の売場と比較したり、キャンペーンの前後で比較したり、過去のデータと比較することで、各売場の問題点を分析し、店舗改善につなげることが可能です。
  • ・SKUごとのコンバージェントデータにより、商品の陳列場所を合理的に設定でき、店内レイアウト、品揃え、棚割りの改善につなげる事が可能です。

購入されない商品の分析も

購入されない商品の分析も

POSデータとの連携

顧客動線とPOSデータをマッチングすることで、顧客の興味と購買状況を合わせた分析が可能になり、売場の問題点・評価点の発見へとつながります。

POSデータとの連携

リアルタイムに動きを可視化 PlatzRealtimeMonitor

リアルタイムに動きを可視化 MoptarRealtimeMonitor

MoptarRealTimeMonitorでは、動線を計測し、今現在の店舗内の顧客の人数や売場ごと、レジ回りごとの立寄り・滞留人数や、立寄り率・滞留率などを表示させることができます。さらに、閾値を超えたらアラート通知をするなどの設定が行え、店舗の管理をリアルタイムに行います。

顧客動線データを分析し、売り上げ拡大へ

顧客動線データを分析し、売り上げ拡大へ

MoptarAnalysisでは、蓄積されていくデータを分析し、店舗分析、売場分析、通路分析、顧客分析、広告効果分析を行います。店舗間で比較分析し、その相違や原因を分析することも可能です。

“個”客向けのインストアプロモーション PlatzRealTimePromotion

“個”客向けのインストアプロモーション
MoptarRealTimePromotion

MoptarRealTimePromotionでは、店内の顧客動線をもとに、スマホやデジタルサイネージ、カードのディスプレイなどの広告メディアにリアルタイムでのOne to Oneのプロモーションを行います。

動きをとらえるデバイスはたくさんあります

動きをとらえるデバイスはたくさんあります。

タグ形式からレーザー方式まで。既存カメラとの連携も。

位置計測デバイスに依存しない顧客動線分析ソフトウェアMoptarは、さまざまな位置計測デバイスと連携します。

2Dレーザーセンサ形式、3Dレーザーセンサ形式、Kinect形式などでは、タグなど顧客に何かを持たせないでも動線を追跡することが可能です。店舗内全体の動線取得の他、一部エリアでのみ動線を取得することもできます。 一部エリアでのみ動線取得を行う場合、他のエリア(例えばレジ)との動線を紐づけるために、カメラの顔認証ソフトを利用して動線をつなげることで、コストをおさえる方法もございます。

他にも、動線取得対象が店員(スタッフ)のみの場合、店員にタグをもたせるだけでは店内の顧客の状態による変化や接客状況が取れないため、センサ形式での顧客の状態を考慮した店員動線取得や、センサ+店員のみタグを持たせる形式などで対応可能です。

動線の精度や目的、店内什器・レイアウトによって、お客様に合ったデバイスをご提案いたします。

Moptarのお問い合わせはコチラ

isms