ニュース・プレスリリース

ニュース・プレスリリース

seminar

9/14 ネット&スマートフォンコマースにてOne to Oneマーケティングの講演を行います。

ネット&スマートフォンコマース2017の中のセッションで、
「売上を拡大するためのOne to Oneマーケティング(BtoC MA)+動線データのデジタル活用」と題して講演いたします。

セッション名 「売上を拡大するためのOne to Oneマーケティング(BtoC MA)+動線データのデジタル活用」
日時 2017年9月14日(木)15時25分~16時05分
会場 JPタワー ホール&カンファレンス
内容 顧客起点のキャンペーンに取り組む企業が増えていますが、一方で取り組みながらも拡大がうまく進まない企業もいます。
導入後半年でEC全体売上の20%を占めるまでOne to Oneキャンペーンを拡大しているような成功している企業のポイントは何なのか?

また、新しいデジタルマーケティングの一つとして、実際の店舗・施設内での人の動きを高精度に取得し興味データとしてOne to Oneキャンペーンに活用する動線分析についてもご紹介します。
主催 株式会社ナノオプト・メディア
受講料 無料(事前登録制)
製品 Aimstar
お申込み お申し込みはこちらからお願いいたします。

news

けいはんなATRファンドの出資を受け、動線分析システムでATRと連携

スプリームシステム株式会社(本社:東京都豊島区、代表:佐久間卓哉、以下「スプリームシステム」)と株式会社国際電気通信基礎技術研究所(本社:京都府相楽郡精華町、代表取締役社長:浅見徹、以下「ATR」)は、この度、けいはんなATRファンドの出資を得て、ATR由来の人位置計測ソフトウエア「HumanTracker」を応用したスプリームシステムの動線分析システム「Moptar」について、今後更に連携を深めるとともに、ATR由来の技術を応用した新たなシステムを開発していくことに合意しました。

動線分析/マーケティングツールMoptarは、2013年の販売開始以来、店舗を中心に、顧客や従業員の動線を取得・解析し、入店〜通行〜立寄~商品を手に取る~購入までの各プロセスの行動を可視化・定量化することで店舗の課題を明確化させる動線分析ツールとして、またはレジ待ち顧客や不審者など特定の行動パターンを取った人物を即座に検出・アラート発報するリアルタイム・マーケティング/セキュリティーツールとして、市場ニーズや利用ユーザーの声を反映してバージョンアップを続けてきました。

 なお、今後の連携や開発に当たり、スプリームシステムは「けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合」からの出資を得て事業を推進します。本出資を受け、スプリームシステムは、ATR関連会社と協力してATR由来技術を同社の動線分析システムに組み込んだ新たなシステムの開発を実施してまいります。

詳細はこちらのページより閲覧いただけます。

news

CTCSPにて動線分析「Moptar」と棚前行動分析「Reach」の販売を開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、IT関連機器やソフトウェア販売を行うシーティーシー・エスピー株式会社(代表取締役社長:玉野井明良、本社:東京都世田谷区)は、スプリームシステム株式会社と販売代理店契約を締結し、リアルタイム動線分析ツール「Moptar(モプター)」と棚前行動分析ツール「Reach(リーチ)」の提供を開始しました。

詳細はこちらからご確認いただけます。

news

Microsoft Azure上で動線分析Moptarと棚前行動分析Reachを構築

動線・動作分析ツール「Moptar」および棚前行動分析ツール「Reach」を、マイクロソフト社のMicrosoft Azure上に構築する「Moptar on Azure」および「Reach on Azure」を販売開始いたします。

この度、日本マイクロソフト社と連携し、Microsoft Azure上で動作するMoptarおよびReachの構築を実現しました。
Microsoft Azure連携によって、日本国内の東西のデータセンターを使用することが可能になるとともに、日本のみならず世界規模で最高レベルの安全性を確保したサービス提供が可能になります。
また、以下のようなMicrosoft Azureプラットフォームのメリットを活かしたMoptarおよびReachをご利用頂けます。

【連携概要】
1. Microsoft Azure 上での環境構築

動線計測環境に設置するハードウェアを必要最小限にし、その他はMicrosoft Azure上に設置することで、導入時のイニシャルコストを削減するとともに、運用負荷軽減に繋げます。
具体的には、AP/DBサーバー、運用監視サーバーはMicrosoft Azure上に設置し、店舗など動線計測環境にはレーザーセンサーまたは3Dステレオカメラ、PoEハブ、コンパクトPCのみを設置します。

2. Azure SQL Database、SQL Server 2014以降をMoptar/Reach DBとしてサポート

Moptar概要についてはこちら

seminar

【終了】6/30 デジタルマーケティングマネジメントデイにて、One to One マーケティングオートメーションの講演を行います

デジタルマーケティングマネジメントデイ2017Summerの中のセッションで、
「中~大規模ECやクレジットカードが取り組む One to Oneキャンペーンを実現する方法~キャンペーン管理とマーケティングオートメーション~」と題して講演いたします。

セッション名 「中~大規模ECやクレジットカードが取り組む
One to Oneキャンペーンを実現する方法
~キャンペーン管理とマーケティングオートメーション~」
日時 2017年6月30日(金)11時00分~17時00分
弊社セッションは、13時~13時45分
会場 JPタワー ホール&カンファレンス 4F Hall 1、2、3
内容 中小~大手ECやクレジットカード会社を中心にキャンペーン管理を提供し、One to Oneキャンペーンの構築を行ってきたスプリームシステム社が、One to Oneマーケティングオートメーションの取り組み方についてご紹介します。
主催 SBクリエイティブ株式会社
受講料 無料(事前登録制)
製品 Aimstar
お申込み お申し込みはこちらからお願いいたします。

seminar

6/15・6/23・7/7 日経MJフォーラムにて、One to One事例についてNTTドコモ様と登壇します

日経MJフォーラム「EC事例大特集」の中のセッションで、「One to Oneを実現した『dマーケット(NTTドコモ)』のMA事例」と題してNTTドコモ様と弊社が登壇いたします。

セッション名 「One to Oneを実現した「dマーケット(NTTドコモ)」のMA事例」
東京会場 2017年6月15日(木)16時30分~16時55分
ベルサール神田
大阪会場 2017年6月23日(金)16時30分~16時55分
日本経済新聞社 大阪本社 カンファレンスルーム
福岡会場 2017年7月7日(金)16時10分~16時35分
日本経済新聞社 西部支社 大会議室
内容 顧客のタイミングに合わせて自動で最適な情報を届けるマーケティングオートメーション(MA)。ロイヤルカスタマーを育てるためには?One to Oneは実現できるのか?2015年にMAを導入し、着実に成果を上げ定着している「dマーケット(NTTドコモ)」の取り組みを対談形式でご紹介します。
主催 日本経済新聞社
受講料 無料
製品 Aimstar
お申込み お申し込みはこちらからお願いいたします。

seminar

6/13 東洋経済新報社「AIで変わる企業戦略」セミナー内で、動線分析について講演いたします

「動線データと機械学習を活用したマーケティング/セキュリティ」と題して、東洋経済新報社「AIで変わる企業戦略 働き方・顧客分析 抜本的変革の実践」にて講演いたします。

名称 動線データと機械学習を活用したマーケティング/セキュリティ
日時 2017年6月13日(火)13時30分~17時15分
弊社セッション時間は16時35分~17時15分です。
会場 六本木アカデミーヒルズ タワーホール
主催 東洋経済新報社
費用 無料(事前登録制)
内容 ・Moptarが提供する動線データの価値 ~流通小売店舗における活用事例~
・セキュリティ、安全管理における動線データ活用の広がり
・動線データ×機械学習によって実現するマーケティング/セキュリティの未来像
製品 Moptar
お申込み お申込みは東洋経済オンラインからお願いいたします

seminar

【終了】6/7 APPS JAPAN内で、動線分析について講演いたします

「室内動線データを生かしたマーケティング最新情報!~動線分析と機械学習~」と題して、APPS JAPAN(同時開催Interop Tokyoなど)内のセミナーにて講演いたします。

名称 室内動線データを生かしたマーケティング最新情報!~動線分析と機械学習~
日時 2017年6月7日(水)13時15分~13時55分
会場 幕張メッセ
イベント名 APPS Japan (アプリジャパン)2017
運営 ナノオプトメディア
費用 無料(事前登録制)
内容 スーパー、レジャー施設、公共交通施設、工場、病院などで、室内の人の動きをセンサなどにより精度高く取得し、分析やプロモーションに活用します。
動線分析「Moptar」の活用例を、動線取得のデモ動画を交えてご紹介していきます。

■セキュリティ・安全管理
■不審者の検知アラート
■デジタルサイネージと連携したプロモーション
■棚に手を伸ばす興味の可視化
■スタッフ作業の効率化
■機械学習による動線分析
製品 Moptar
お申込み お申込みはAPPS JAPAN 2017セミナー事前登録からお願いいたします

isms