キャンペーンマネージメント

オムニチャネル時代のキャンペーンマネジメント

位置情報を活用したO2O施策
Online to OfflineからOffline to Onlineまでのオムニチャネル

オムニチャネル

顧客が、店舗の最寄駅に来た、店の近くに来た…という位置情報を利用した店舗への集客を行います(Online to Offline)。また、店内での動き(売場を通り過ぎる、立ち止まる、滞留する、手に取る…)を活用し、店内のデジタルサイネージでリアルタイムに販促したり、顧客の帰宅後に動線情報をもとに良く見ていた商品のレコメンドを行いECサイトへ誘導したり、再来店を促す施策を実行します(Offline to Online)。ネットと店舗が相互に作用し合うオムニチャネル戦略を実現します。

 

購買情報だけじゃない。アクセスログやイベントデータも活用!

プロセス黄金ルート

顧客の購買情報だけではなく、Webサイト上での行動を付加してチャネル横断の分析を行います。サイト内での閲覧と購入商品の相関関係や、特定ページの閲覧をトリガーにキャンペーンを実行するなどの施策が可能です。また、顧客とのあらゆる接点を時系列に捉えることで、優良顧客への黄金ルートを導き出し顧客理解を深めます。

メール・DMに続く新たなチャネル。DMP・DSP連携

Supremeのキャンペーン管理PDCA

キャンペーンマネジメントツールをDMP・DSPと連携し、メール・DMに続く新たな既存顧客とのコミュニケーションチャネルとして活用することで、普段メールやDMを見ない既存顧客にもアプローチすることが可能です。また、約9000万人のオーディエンスデータの中から、既存優良顧客と似た閲覧属性を持つ新規顧客予備軍に対してピンポイントで出稿することで、興味を持ちそうな顧客を集客することができます。プライベートDMPによる広告収入、プロモーション代行による新たな収益源としても活用いただけます。

キャンペーン管理のAimstarの詳細はコチラ 顧客動線分析Moptarの詳細はコチラ

isms